神理教の住所

TOP

教え

歴史

ご報告

各講習会など

教書・カタログ

交通アクセス

婦人会・青年部 奉仕活動について

婦人会年間行事

青年部活動概要

 婦人会たより

 二月六日、初午祭当日、八時。神理会館厨房に、総裁・お方様・小池・村上・瀬戸・上村
谷口・阿部さん達が集合。

 恒例の「いなり寿司」作りに励みました。それぞれが買い付けや準備など割り振りをし、早速八時から作業は始まりました。

 お稲荷様には、「いなり寿司」。婦人会の有志が率先してご奉仕してくださるのは本当に有りがたく感謝しております。この日も手慣れたさばきで作業は進みました。途中のシャベリも好調です。この日は形についてウンチクがありました。いなり寿司の形が東日本と西日本では違うと。東日本は俵形で西日本では三角形だと。稲荷信仰が盛んになったのは、京都の伏見稲荷であり、その昔あたりは雑草が多く、狐が沢山住んでおり狐の熱心な子育ての様子を見るにつけ、かくあるべしと狐の耳に真似た説、いなり山の形を真似たものだという説、東日本の俵形は米俵からきているという説など。

そもそも、いなり寿司は、約二百年前の天保の大飢饉の時に、愛知県の豊川稲荷参道で避難された人々に振る舞ったのが始まりで、形についてはその後変遷があって今の形になったのでしょう。

あっという間に、総数約二百個は出来上がりました。今回、話に耳を傾けながらの作業で「フムフム」と頷きながらでしたので、少々力が入りボリュームたっぷりのいなり寿司が出来ました。

次回は、七月の第二日曜日の大元稲荷夏越祭です。御参拝のついでに私たちの作る「いなり寿司」をご賞味下さいませ。(記・上村)       

研修会

外部サークル

   

 婦人会本部役員組織(H、23,4)

総裁   巫部恵理
書記   河内千年
庶務   瀬戸眞智子
通信   上村良子
会計   上村良子
相談役  徳永知恵子
会計監査 地元支部員

 顧問   巫部マコト

青年部

御報告

この度、青年部では役員の任期満了に伴い、役員改選を行いました。左記の様に決定しましたので御報告させていただきます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 青年部 新役員

本部長 佐野誠一 …(神理の会)

副本部長 壇上由光 …(福山支部)

副本部長  向井啓二 …(福永支部)

事務局長・会計 菅智博 …(本部)

事務員 田中武久 …(大津支部)

事務員 大野智弘 …(本部)

事務員 津尾亮太 …(本部)

会計監査 大野正 …(神理の会)

会計監査 吉村文男 …(名古屋支部)

顧問 三角康正 …(福永支部)

このページの先頭へ

青年部の活動概要

1. 目標

本教の教えを拠りどころに、人格の向上につとめ教勢拡張を目指しつつ社会の浄化に努力する。

具体的には教えの実践として奉仕活動を通して教えを学びつつ教団のひとつの推進力として本教発展に努める。

 2. 組織と活動

本部組織として、役員(委員)事務局をおき、全国には支部並びに個人会員を持って構成しています。(教信徒の方、どなたでも参加頂けます。)

会議は年に1回春の大祭時に開催を原則としており、役員会、大会、総会を持って活動方針を定めます。

それを基に全国の部員・支援者と協力して主として大祭又教団の諸活動、行事並びに支部の活動に参加し支えていきます。

 3、実際の活動

1)春秋大祭に於ける諸行事の推進・裏方としての準備奉仕

2)大祭・大型行事前後の各種準備並びに清掃奉仕

3)その他教団事業への参加と奉仕

これらを青年部全体またはそれぞれの支部・部員の活動として行っています。

 4・その他

現管長様が青年部活動に参加され当時の副本部長に就任されたのが昭和56年でその後本部長として活動を発展させられ今日に至っています。

尚、前回の青年部墓前祭奉仕は平成9年に行っています。

 活動概要の通り現状は教団内の奉仕活動を主として行っていますが、ご承知のような世の中の情勢から、組織としては後退しており、本教発展のために力を出して頂ける多くの方々の新たなエネルギを必要としています。

(この機会に是非とも新たな個人、支部の参加をお願い致します。)

そのひとつの活動として、教内の皆様には大祭御帰院時、朝の清掃奉仕には是非参加頂き、御教祖のお膝元で心の一致をあらわす活動として全員参加の形で奉仕出来たら最高と思いますので、ご賛同、ご参加くだされば幸いです。

尚、秋の大祭では墓前祭に青年部全員が参列したいところですが、準備のためそれもかなわない状況です。

教内の教師の方々には是非とも今秋の墓前祭に祭官奉仕頂き、青年部と一体となった心を表し、新たな10年50年に向けた決意を御教祖に見て頂く盛大な感謝の祭りにすべく皆様のご参加、ご助力を切にお願い申し上げます。

大祭にて、鏡開き。
            三角康正本部長(右、羽織袴)最後になりましたが、先の春の大祭には平日にもかかわらず帰院奉仕され、人数の少ない中でそれぞれに大いに力を出して頂き何とか大祭も無事終了し、青年部の役割を果たせたことを、部員の方々又ご協力いただいた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

新たな一歩を踏み出した今、次の10年にむけて共に手をとって本教発展の為前進いたしましょう。

新たな方々のご参加を青年部一同心からお待ちしております。     合掌

このページの先頭へ

神理教 婦人会年間行事

1月1日

神理汁奉仕

1月中旬

本部役員会議

1月下旬1月下旬

総会ならびに新年会(会計および行事報告・懇親会)

2月〜3月

本部役員会議

3月

地元役員会議
総代、世話人、神理の会、婦人会合同会議

4月12日

大教殿清掃奉仕
(畳ふき、窓ふき、神具、三方の整理、神饌室床みがき)

4月14日

バザー準備奉仕(仕込み)

4月15・16日

春季大祭バザー 食事(うどん、ちらしずし、いなりずし、おにぎり、)
みやげもの(しんりせんべい、餅、饅頭など)喫茶(コーヒー、抹茶)

9月

本部役員会議

9月

地元婦人会役員会議
総代、世話人、神理の会、婦人会合同会議

10月12日

大教殿清掃奉仕
(畳ふき、窓ふき、神具、三方の整理、神饌室床みがき)

10月14日

バザー準備奉仕(仕込み)

10月15・16日

秋季大祭バザー 食事(うどん、ちらしずし、いなりずし、おにぎり、)
みやげもの(しんりせんべい、餅、饅頭など)喫茶(コーヒー、抹茶)

その他

2年ごとに旅行

このページの先頭へ
TOP
教え
歴史
ご報告
各研修会など
教書・カタログ
交通アクセス
北九州市小倉南区徳力5−10−8 神理教大教庁